LOG IN

大阪を歩く(ミナミ編)

by カナエナカ(shojiro.nkym)

人生初めての大阪での夏が来ました

実は6月に東京から大阪へ引っ越しました。
下北沢の家から一度引っ越ししたいなとは思っていましたが、まさか大阪に住むとは思わなかったので自分でも驚いています。
縁あってあれよあれよと言う間に私は500kmほど西へ引っ越しをし、ゆっくりする間も無く新しい仕事もはじめて早くも1ヶ月ちょっと。職場が大阪のキタなので、あまりミナミへ行く機会もなく過ごした1ヶ月。

私の妹は京阪神在住の先輩で、学生の頃から過ごした関西を愛しており、休みの都合が合えば関西初心者の私に付き合ってくれるので、こっちに引っ越して来てからは妹の距離が近くなって少し嬉しい限り。

ミナミを歩く

大阪はざっくり「キタ」と「ミナミ」でエリアを呼ぶらしく、「ニシ」と「ヒガシ」とは言わないらしい。こういうざっくり雑な感じがまた好きだったりします。(褒めています!)

スタートはミナミまでは行かない?本町から。

坐摩神社

御堂筋線 本町駅の出口から出てすぐ、キラキラした音が路地の奥から響くのに気づいてしまい、妹との約束の時間に遅刻していたにもかかわらず、ついつい足は小径へと向かってしまいました。
夏祭りをしていた坐摩神社には風鈴屋さんが来ていて、なんとも涼しげな風景。

妹を待たせていることが気がかりで、写真を数枚撮って急いで待ち合わせの街へ。

通りすがりで発見。この街の名前、良すぎる。Q太郎っぽくて。
通りすがりで発見。この街の名前、良すぎる。Q太郎っぽくて。

新町「餅匠 しづく」

今日のお目当はこれ。フランボワーズ大福など、繊細でデザイン性の高い見た目で女子に人気な創作和菓子のお店へ。しかしさすがの人気店、お客さんが何組も待っていたので持ち帰りにして今回は喫茶は断念。空腹と暑さにバテ気味だったため、涼と昼食を摂るべく諦めが早い姉妹でした。

キラキラしていて食べるのが勿体無い!
キラキラしていて食べるのが勿体無い!

街を歩けばツッコミどころ満載なネタの宝庫

大阪は古いレトロなビルや、面白い建物がそこかしこに。謎建築ビルに遭遇。
大阪は古いレトロなビルや、面白い建物がそこかしこに。謎建築ビルに遭遇。

過激なメニューに怖気付く…

店の面構えが最高に好きな感じなので、日が暮れかけて少し涼しくなったら帰りに一杯ひっかけて帰ろう〜と妹と一度通り過ぎたお店にトライしに行ったものの…

メニュー名が怖すぎて恐れをなしてさっさと退散。この後無難にメキシカン食べました…汗

激辛の店らしい。メニューが過激すぎ(笑)
激辛の店らしい。メニューが過激すぎ(笑)

歩くだけでなんだかよく分からないものに出会うから面白くてしょうがない。
なんか知らんけど可愛いオブジェとか。

明らかに色々パクリだとか…笑

なんか、こういうネタみたいな看板に出会いまくるんですよね。
なんか、こういうネタみたいな看板に出会いまくるんですよね。

かと思えば、パクリではなくガチ本物のアートが壁画に…汗

いきなり現れたビル壁画、パクリではなく、本物のロイ・リキテンスタイン…(OSAKA VICKIっていう作品らしい、、、)
いきなり現れたビル壁画、パクリではなく、本物のロイ・リキテンスタイン…(OSAKA VICKIっていう作品らしい、、、)

ちょっと歩いただけでもなかなか飽きさせないネタの宝庫。

いよいよTHE大阪の景色へ

せっかくだから、グリコのネオン見て帰ろか〜ってなったので、心斎橋の商店街をズンズンなんばへ向かって歩きました。

アイスキャンデー「北極」

ぶっささっているアイスの棒が斜めに歪んでいるのもご愛嬌◎ 冷たくて美味しい。
ぶっささっているアイスの棒が斜めに歪んでいるのもご愛嬌◎ 冷たくて美味しい。
気さくにおしゃべりしてくれるおばちゃんが最高。
気さくにおしゃべりしてくれるおばちゃんが最高。

「お店、ペンギンだらけですね〜」とレジのおばちゃんに話しかけたら、「ここにもおるで!」と。大阪マダムはヒョウ柄をインナーに取り入れることを忘れていなくて感動。

なんば・道頓堀

暑くて汗が止まらない中、ぶらぶらダラダラ歩いてようやくたどり着いた人生初「グリコ」看板がまさかの光っていないという結末… なんでなの?泣

この雑多で眩しい通りはやっぱり大阪以外の何物でもない風景だなぁと嬉しかったです。
この雑多で眩しい通りはやっぱり大阪以外の何物でもない風景だなぁと嬉しかったです。
面白い看板がやはり多い。看板でノリツッコミしている。
面白い看板がやはり多い。看板でノリツッコミしている。
半魚人?イラストがシュールなものが多いよ。生中が安いわ。
半魚人?イラストがシュールなものが多いよ。生中が安いわ。
一番下の段のボリュームがやばい…笑 しかもコスパがものすごい。
一番下の段のボリュームがやばい…笑 しかもコスパがものすごい。

仕事に追われて、写真を撮る気力がほとんどなかったんですが、少しずつ「あ、面白い」「今の撮りたい」っていう気持ちが湧いてき始めたので、いい傾向だなぁと思います。
多分わたし、写真が撮れる状態かどうかで気持ちの余裕の有無が図れるのかもしれない、と気づく体験でもありました。
東京でも細々続けていたように、関西での生活もちょっとずつ記録し始めようと思います。


カナエナカ(shojiro.nkym)
OTHER SNAPS