LOG IN

世界ってこんなに青かったっけ?

by カナエナカ(shojiro.nkym)

空と同じ色が視界いっぱいに広がる

この風景、見覚えがありますよね?え、日本なのここ?!って思いませんでしたか?日本です。茨城県です。
この風景、見覚えがありますよね?え、日本なのここ?!って思いませんでしたか?日本です。茨城県です。

数年前から爆発的にその美しい景色は拡散し、あまりにも有名すぎるこの場所。
毎年シーズンになると日本だけでなく、世界からもたくさんの人が訪れる茨城県「国営ひたち海浜公園」のネモフィラの丘。
写真で見た世界は本当に本当なのか?でも、やっぱ一度は見てみたい!と半信半疑で行ったのは昨年の四月。
例年よりも咲き始めるのが早まってしまい、通常の見頃であるゴールデンウィーク中盤までには完全に咲き終わってしまったという気の早い年だった。自然の過ぎ去る早さに負けまいと、とある晴れると予報されていた四月中旬の見頃の日、上野駅から始発の特急列車「ひたち」に飛び乗って。
起きたのは4時とかだったなぁ、こういうことに関しては早起きが全然苦にならないっていう都合のいい体質なもので。

最寄駅の「JR勝田駅」に到着すると、早速ネモフィラが出迎えてくれました。

さすが、手が込んでおる。
さすが、手が込んでおる。

大きな独り言「青いー!」が思わず漏れる

だいたいどこへ行くにも一人が多い私は、ここへも意気揚々と一人で来ていたのですが、開門前に並んでいた後ろの可愛らしい女性と少しだけ意気投合し、公園の奥深くのネモフィラの丘まで軽くおしゃべりしながら一緒に向かっていたところ、道を曲がったその先には、一瞬空しかないように見える空間が。

大きすぎる独り言を発してしまった景色。「青いーーー!」圧巻。
大きすぎる独り言を発してしまった景色。「青いーーー!」圧巻。
脳の髄まで青さが染み付いてしまいそうになる程真っ青な世界
脳の髄まで青さが染み付いてしまいそうになる程真っ青な世界
青いネモフィラの中に、ぽつぽつとあるオレンジ色のケシの花。どうやら色が可愛らしいから、とわざと残しているらしい。お気に入りの一枚。
青いネモフィラの中に、ぽつぽつとあるオレンジ色のケシの花。どうやら色が可愛らしいから、とわざと残しているらしい。お気に入りの一枚。
g.o.a.tはGIFだって大丈夫なんだぞ♪というアピールをしてみたかっただけ笑 風に翻る花とみつばち。
g.o.a.tはGIFだって大丈夫なんだぞ♪というアピールをしてみたかっただけ笑 風に翻る花とみつばち。

美しいのはネモフィラだけじゃない

色とりどりのチューリップがまるで絵画のように埋め尽くされているエリアも圧巻の景色。
みんなネモフィラを目指しまくる隙に、こっちのチューリップ畑に立ち寄ってみるのもおすすめ。
だって、ネモフィラ畑はどんなに急いで行っても、スタートダッシュで駆け出していく人がいるほどなので、少しくらい遅れてもそんなに変わらないと思うし(ってあくまで私の主観ですので、開門と同時にスタートダッシュするもよしです)。

柔い色のチュリップも良い。
柔い色のチュリップも良い。
空が広くて、風は心地よく吹いていて、あー、もう気持ちよすぎる。
空が広くて、風は心地よく吹いていて、あー、もう気持ちよすぎる。

帰りは「那珂湊おさかな市場」へ

帰りは鉄道に乗って、近場の魚市場へ寄ってお昼ご飯を。
「ひたちなか海浜鉄道」の湊線「阿字ヶ浦駅」から「那珂湊駅」を目指します。

ひたちなか海浜鉄道湊線の駅の看板はイラストと漢字が組み合わさった独特だけれどかわいい標識。
ひたちなか海浜鉄道湊線の駅の看板はイラストと漢字が組み合わさった独特だけれどかわいい標識。
電車のヘッドマークはもちろんネモフィラです。
電車のヘッドマークはもちろんネモフィラです。
ハイ、海鮮どーん!鮮度のいい海鮮丼が美味しすぎました。
ハイ、海鮮どーん!鮮度のいい海鮮丼が美味しすぎました。
市場で新鮮なお魚も買えますよ!
市場で新鮮なお魚も買えますよ!

震災の時に、このエリアも津波の関係で水浸しになってしまったとか。悲しい記憶もちょこっとありつつ、それでも今日、美味しい海鮮丼が食べられる幸せをありがたがりながら。

余力があれば「JR日立駅」へ

那珂湊でおさかな三昧、その後は大洗の水族館へ行くというのもいいけれど、もし余力があればこちらも是非一度行っておきたい名物駅。

目の前は海。大きなガラス張りの窓が気持ち良い。
目の前は海。大きなガラス張りの窓が気持ち良い。
駅直結、これまたガラス張りな「シーバーズカフェ」
駅直結、これまたガラス張りな「シーバーズカフェ」

特に日立は桜が綺麗だとたまたま立ち話をした地元の人が言っていたので、ネモフィラのシーズンでなくても桜の時期にも行くのも良いかもしれないなぁと思ってみたり。

さて、ネモフィラの時期は尋常じゃない人の多さに辟易としなくもないですが、それ込みで考えても、一度見に行く価値は大。
真っ青に視界を埋め尽くすネモフィラの美しい世界を目に焼き付けに、ひたち海浜公園へ、いっておいでよ。

おまけ

同じ年の満開の時期になぜか二度も行った私が学んだことを書いておきます。ご参考までに。

『ネモフィラの丘へ行く心得』
1。公園はかなり広い。そして、ネモフィラの丘は公園の一番奥深い場所。かなり歩くのでスニーカーやフラットな靴がオススメ。
2。ネモフィラのシーズンは開園前からかなりの人が開門を待つ列を作ります。(開門一時間前に着いた私でも前から5番目くらいでした。)
3。ただし、チケット売り場は開園ギリギリの時間からしか売り出しをしない様子。つまり、チケットを事前入手できないと、いくら早く着いても開門の列に並べない事態が…(誰かと行けば役割分担でいいとは思いますが)年間パスとか持っている人がちらほらいた。
4。開門してすぐは、誰もいないネモフィラの丘をカメラに収めたい写真愛好家が猛ダッシュをします。
5。辿り着くまでの道がわかりにくいので、順路は地図等を事前に確認するか、わかってそうな人についていきましょう。
6。車で行くと、駐車場の開門まで延々と車が停められません。駅周辺の駐車場に入れてバスで行くか、そもそも車で来ないことをお勧めします。わけがわからんくらいすごい渋滞します。
7。駅からはちょうどいい時間があればいいですけど、シャトルバスの方が早いです。(鉄道の人ごめんなさい!)ただ、帰りは鉄道経由の方が寄り道が楽しいと思います。
8。平日でもわけわからないくらい並びます。見頃に平日も休日もないようですが、見頃が休日にかぶって晴れたら大変なことになるだろうなぁと思います。
8。松の木の花粉がやばいです。空気中に黄色い粉みたいなのが浮遊しているのが目に見えてわかるレベル。花粉症の人気をつけて。
9。ネモフィラカレーの色がやばいです。食欲減退するしかないので、相当な食べる覚悟を持って注文しましょう。(今年もあのカレー売り出すのかなぁ…)
10。マナーはちゃんと守りましょう。柵の中へ入り込んで花を踏み潰したりする心ない人がたまにいるみたいで、せっかく手間暇かけて作り出された美しい空間が無残な姿になるのは心が痛みます。

楽しい旅になりますように!


カナエナカ(shojiro.nkym)
OTHER SNAPS