LOG IN

TOKYO観光(東エリア編)

by カナエナカ(shojiro.nkym)

東京という街の塊

この景色は銀座。キラキラ眩しい。

東京とは不思議な街だと思う。
どこへ行っても見所があって、ちょっと地域が変われば景色が全然違う。
それぞれの街には個性があるけれど、その街と街が連なってグラデーションのように変わっていくこともあれば、一歩踏み入れると別世界、みたいな場所も。
のどかな住宅街に意外な建物が突然現れたり、ビル群を抜けたらそこには自然豊かで美しい公園もあって意表を突かれることもしばしば。
東京はその変化を見て回るのが本当に楽しくて、歩いて回るのが断然楽しい。

今回は東京へ遊びに来た友人が「がっつり東京観光したい!」と言ったので、1日連れて行った場所をおさらいがてらまとめました。

さて、午前中から出発。私の東京観光は1日を通して比較的歩くのでヒールの靴は厳禁です…笑
結局この日は19,000歩ちょい歩いてたみたい。

築地「愛養(あいよう)」

トーストのハーフ。ジャムとバターのハーフ&ハーフ

まずは何かと話題の築地市場からスタート。早朝からやっているので、朝ごはんを食べに行くもよし、早い時間を有効活用できる優秀な観光スポット。
今回は築地市場の場内にある「愛養」さんへ。市場で働く人の憩いの場として、また、市場で働いていない人にもファンの多い昔ながらの珈琲屋さんな喫茶店。
場外で試食してまわったり、ちょこっと食べられるものを買い食いしたり。もちろん、がっつり食べたい場合は海鮮丼やお寿司、カレー、天ぷらなんでもあるのでついつい長居してしまいますが、ここは我慢で次の目的地へ。

東銀座「歌舞伎座」

この外観を見ただけでも圧倒される歌舞伎座。東京観光の代表格の一つですね。

築地市場から都営浅草線の東銀座駅まではお散歩。10分くらいで歩けます。電車に乗る前にせっかくなので東銀座駅直結でもある「歌舞伎座」のお土産コーナーを覗きに。日本っぽさ満載のお土産がずらりと並ぶここへは、外国人の方へのお土産を買いたい時にも便利な場所です。

時間があれば観劇も良いですよ。一幕だけ末席で見せてもらえる格安のチケットもあるのでチェックしてみると面白いかも。

蔵前「ダンデライオンチョコレート」

ブラウニー3種の食べ比べが楽しい「ブラウニーバイトフライト 630円(税抜)」

「DANDELION CHOCOLATE(ダンデライオンチョコレート)」は、アメリカサンフランシスコで有名になったチョコレートのお店で、日本にもできたと話題になったのはちょうど1年くらい前。
”BEAN to BAR(豆からチョコレートバーまで)”ということで、カカオの選定から最後のお客様の手に渡るチョコレートバーになるまでの全ての工程を自分たちのファクトリーで行うというコンセプトで営まれているチョコレートのファクトリー+カフェ。
チョコレート好きな友人だったので、話題のスポットでもあるこのお店へ立ち寄ってみましたが、休日の午後、さすがに人がひっきりなしでやって来ていて少し忙しなかったけれど、それだけ注目のお店とあらば、せっかくの観光だし行かずに帰るなんてもったいないね、と寄り道。
どのピースもカカオの種類が違って、味も異なるというブラウニー3種の食べ比べ。
小さいので物足りないかなあと思ったけれど、濃厚な甘さは満足感をあっという間に促して、私の場合は3つで十分だったみたい。

DANDELION CHOCOLATE

近所にはオーダーメイドのノートを作れる「カキモリ」さんや、老舗お茶問屋の販売店「NAKAMURA TEA LIFE STOR」東京でも人気のゲストハウス「Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE」があったり。
川沿いに歩いて行くとコーヒースタンドやカフェも豊富で、今東京では注目されているエリアの一つです。
この辺だけでもかなり楽しい。

NAKAMURA TEA LIFE STORE. 100年近く続く老舗の日本茶問屋さんのお店。渋いのに新しいおしゃれなお店。
川向いにはスカイツリーが見えちゃうんですよね。東京っぽい風景。

浅草「浅草寺」

さてさてチョコでがっつり糖分を摂取したので、蔵前から歩いて歩いてたどり着いたのはここ。東京と言えばここを目指すのが観光客というものよ。
仲見世の賑やかな雰囲気、いつ行ってもワクワクする場所。

東京観光といえば、やっぱりこの景色!
今日はお祭りなのか?!っていうくらい人でびっしりな仲見世。華やかな風景に心踊る。

凶の出が多いと有名なおみくじをひいたら、2人とも違う番号で大吉を引いて絶好調。わいわい騒ぎながら次の目的地へ、また少し歩きます。

道すがら、東京の第2の顔「スカイツリー」が寒桜越しにこんにちは。

隅田川をリバークルーズ

今回の東エリアの観光で、私が特にオススメしたいのは浅草の隅田公園から浜松町の日の出桟橋まで、隅田川をリバークルーズするルート。
スカイツリー、両国国技館、築地市場、レインボーブリッジなんかも見られます。これからきたる春、隅田公園は桜の名所だし、川沿いに所々桜が咲いていてプチお花見としてもバッチリです。
船内ではビールも売っていて、ビールを飲みながら40〜50分のんびり過ごすなんてのも良いかもしれない。

隅田川にかかる橋を一つ一つくぐり抜けていく。
神田川の入り口。
日の出桟橋に到着。奥に見えるは「レインボーブリッジ」

どうしてこのルートで浜松町まで?!とお思いかもしれませんが、東京観光のクライマックスはやっぱりこれから行く先で迎えたいので…

浜松町「貿易センタービル」

私のこの写真を見て「どこから撮ったの?」というお問い合わせが多いのですが、撮影場所はこの貿ビル。

最後はJR浜松町駅すぐの「貿易センタービル」の40階にある展望台「シーサイドトップ」へ。

もちろん、東京タワー自体へ行くのも良いのですが、東京の夜景と言えば、東京タワーの姿がないと東京って感じしないじゃないですか!
東京タワーが美しく見える場所は六本木ヒルズの展望台かここ貿易センタービルの展望台だと私は思っていますが、今回は東エリアの観光、流れ的にもここがちょうど良い。

あと、欲を言えば東京タワーって日没とともに点灯するので、是非この場所で点灯の瞬間から見て欲しい。
まだほんのり明るい黄昏時の群青色の空にオレンジの明かりが灯る色のコントラストが美しくて、私の大好きな東京の景色のひとつです。日没時間を狙っていってらっしゃい。

この後は美味しいお店で、歩き回った疲労をねぎらいつつ楽しく飲んで食べて宿へ。
ベタベタな観光ルートだけれど、友人も楽しめたとのこと。
本当は時間があればそれぞれの場所でもっとみて回れる場所が沢山あるので、周辺のスポットもチェックしてみてください〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

おまけ

ことりっぷアプリで今まで行った「いっておいでよ」が言える場所を「しょーじろ」というアカウント名で記録しています。
ガイドブックに載っているスポット情報も検索できる優れものですが、何よりお出かけマスターさんのオススメもチェックできる。旅の情報収集に私も最近よく使っています。
良かったらチェックしてみてください♪


カナエナカ(shojiro.nkym)
OTHER SNAPS