前略、いっておいでよ

FM04:おでん

by カナエナカ(shojiro.nkym)

「Food Memo」略してFM。旅先に一人ぼっちでも、美味しいものはいつだって変わらず美味しくて、一人ぼっちだとか思い出さなくて済む時間をくれるから好きだ。
第四回目は冬になると恋しくなる、出汁のしっかりしみた大根、ぷるぷるな牛すじ。和食界のジャンクフード「おでん」

大阪おでん界の有名店

正統派おでん、福島「花くじら」

大阪でこの店を知らないでグルメを語ってる奴はモグリ、と言われるほど、あまりにも有名なおでんの店「花くじら」

堂島のお隣、福島天満宮のたもとに佇む透き通った関西出汁のおでんのお店。16時半くらいから開店するのですが、1時間後に行くと、すでに外に並んで待っている。さすが。
店内は結構狭くて、カウンターと、外にせり出したビール瓶のケースが机になったテーブル席が少し。

瓶ビールを飲みつつ、ホカホカのおでんを食べている時間はなんと幸福なのだろうか。
煮込みに煮込んで味のしみた物もあれば、頼んでからおでん鍋の中に具材を入れてくれる物も。カイワレなんかは、さっと出汁に入れて出してくれるので、茹でられすぎていることもなくて、食感が残っておいしい。

この見た目。はぁ、ずるい、美味しいに決まっている。正統派おでん。

花くじらへ行ったなら、私のイチオシ「春菊」を是非。

私の大好物なのです、花くじらにきたら必ず食べたい「春菊」上にかかった山芋と薬味の柚子がアクセントに。

番外編、変わりダネ系

フレンチおでんの「赤白(KOHAKU)」

フレンチおでんなる変わりダネが、新大阪の駅地下で食べれるのです。(大阪梅田にもお店あるみたい)
新幹線に乗る前にちょいと、と思って寄るなかれ、人気店すぎてしょっちゅう行列。開店直後とかの空いた時間を見計らっていくか、並ぶ、という感じでしょうか。回転率は比較的良い方。

これ、ダイコンのおでんなのです。ポルチーニソースがON the ダイコン。
もはやおでんではないのですが、といいそうですが、赤ワイン煮込みの肉じゃが。

シャンパンやワインを飲みながら、フレンチおでんとか串物とか、サクッと飲んで食べれるお店。しかも安い。こう言うサクッとおいしいものを食べさせてくれるのが大阪のいいところだなぁといつも思います。

冬の時期、食の都大阪へ行った際は是非とも。

このエントリーをはてなブックマークに追加