前略、いっておいでよ

FM 03:インドカレー

by shojiro.nkym

「Food Memo」略してFM。美味しい記憶は、その場に居合わせた人との偶然の会話がスパイスだったりする。三回目は新宿の外れでスパイスたっぷりインドのカレー。

新宿

台風が来ると言われていた夜、雨が少し小雨で降り始めていた新宿の外れで、いつもの用事を済ませた私は駅に向かって歩いていた。

いつもは通り過ぎるだけだったインドカレー屋の前を、いつも通り「今日はお客さん入ってるかな?」と軽く覗きながら通過…と、そうは問屋がおろさなかったんですね、この日の夜は。
雨の湿った空気のせいか、スパイスの香りがぶわっと私にまとわりついてきたんです。「こりゃこのまま帰ってもどうせカレーが食べたいままに違いない」と思い、20m巻き戻ってお店に吸い込まれてしまいました笑

日本語のたどたどしいインド人が2人厨房で働くこのお店。店内は謎な絵が壁に描かれており、カラフルで陽気。
しかし、このケバケバしさのせいか、逆にちょっと新宿ローカルの雑多で埃っぽさも醸している、私が結構好きな人間臭さがある雰囲気でした。狭い店内はカウンターのみ、10席ほど。テイクアウトもやってる様子。
吉祥寺が本店だそうで、そもそも本店があったことに驚きます。

100%halal foodだそう。これから2020年に向けて訪日客も増えるし、halal対応店として覚えておけばいざという時役に立つかも?

Indian Restaurant POTOHAR

お店の名前をどう読むのかがわかりませんが、インド料理屋さんということです。

ちょっとすっとぼけた表情の店員さんに私のオーダーが通じてるのか不安になり、喋れもしない英語をうっかり会話に織り交ぜてしまったので、私は自分に自分で「ルー大柴かよ笑」と心の中でツッコミつつ、どんな味が出てくるのかワクワクしていました。

待ってる間、隣の20代男女の「四国に何県があるか分からない!島根?!笑」という会話に耳を傾け、くだらない内容の平和さにニヤけつつ過ごしていると、あっという間に出てきました、スパイスたっぷりの予感しかしないこちら…

カレーじゃ無い…?
と思ったら、カレーについて来るスープだそうです。「メニューの写真と違うのでは?!」と早とちり。焦った笑
ローストガーリックと何かのスパイスのスープ。ちょっとコクのあるこってりバター感が美味しい。どこかで商品化して下さい。

そして早速、カレーとライスの登場。

プラウンカレー(エビのカレー)

エビのカレーとクミン入りのフライドライス。エビはゴロゴロっと4尾ほど。トマトがしっかり入っっているようで、辛さも一番辛く無いのにしたので、マイルドな味わいでした。

炭水化物の方はナンもあったけれど、なぜかここ最近身体が疲れやすくて、げんなりしてる日も多く、「クミンは疲労回復に効果」という添え書きに惹かれて、クミンライスをチョイス。
それがもうこのライス、スパイスが効いていて、ちゃんとインドの味食べてる感がものすごい。選んでよかった、大満足。しかし、クミンライスは想像以上のサイズで、「半分でよかったかも、ナンにすればよかったかな… 」と後悔したけれど、隣の客のナンも普通想像できるナンの2倍くらいのサイズはあり、どっちみち大きめなのね、と気づく。ボリューム感はバッチリのようです。

インドの話とチャイ

この時、常連らしきインド人風のおじさんが20代若者達の反対隣に座っていて、私が一人で黙々とカレーを貪っていたら、何の前触れもなくチャイをご馳走してくれました。なんてラッキーなんだろ。私、ツイテる!
(この日はg.o.a.tの公式ブログのpick up記事に取り上げていただいた日でもあり、嬉しい事は重なるものなんですね、しみじみ。)

16歳で来日して、日本在住30年。インドより日本の生活が長いという彼は、日本語に全く淀みがなく、とても流暢で綺麗な話し言葉を話す人でした。

インドは南北で食べるものが結構違うという事、南は北ほど暑くないからカレーも辛くないんだという話や、スリランカは南だけど激辛、などなど教えてくれて、ちょっと楽しい時間に。このお店のカレーはどっち?と聞いたら、南の方と教えてくれました。

カレーも美味しかったけれど、まさかの差し入れのチャイは嬉しさがスパイスになったせいでいっそう美味しかった気がするな。また行きます。
今日はカレーが食べたくなったあなた、是非。

このエントリーをはてなブックマークに追加