前略、いっておいでよ

FM 02:せんべい汁

by カナエナカ(shojiro.nkym)

「Food Memo」略して FM。旅の美味しい紹介を始めました。2回目はこれからの季節にぴったり、その街ならではの味。

岩手県軽米町

なぜこの街に行ったのかというと、すっごく普通な理由なんですが、仕事でした。
しかしながら、かなーりレアな行き先で、正直仕事で行く事にならなければ人生で行く事は無かったかもしれない街。
しかし、一部の人にとってはこの街って聖地らしいんです。

マンガ「ハイキュー‼︎」の街

実はこの街はジャンプで絶賛連載中の大人気マンガ「ハイキュー‼︎」の作者古館さんの出身地。
そういう事もあり、この街の地元の風景や高校の校舎がマンガに出てくるという事で有名になり、訪れる人が多いんだそうです。

ハイキューとは関係無い場所ですが、町の図書館。建物に趣があります。

ちなみに私が仕事で訪れた二年前くらいはまだそういった盛り上がり方をしておらず、とにかく風の強い寒い日で、暖をとりたかった。

そして、その土地へ行ったらその土地の味にありつきたい。ということで、入ったお店はこちら。

「軽米食堂」

菊の花のおひたし、ホカホカごはん、そして郷土料理「せんべい汁」(もしかしたら「うかめ汁」かもだけど、二年前で記憶が曖昧…すみません。)

「せんべい汁」といえば、八戸のイメージがあるかもなのですが、実は軽米町は青森と岩手の県境の街。八戸に隣接している街なので、せんべい汁が出てくるのかな?と思いました。

ここへ訪れるまで知らなかったのですが、食用菊を食べるんですって!この時初体験だったのですが、色はビビッドだけど、まあ、普通におひたしの味でした!笑

ちなみにこのお店も今はハイキューにあやかったメニューが出てるとか出てないとか。

また機会があれば、私もハイキュー読者なので、マンガ片手にモデルになった場所巡りしてみよっかなー。

バスに乗った金田一温泉駅のある街は、座敷童子の里… 宿に出たらちょっとビビるな。
金田一温泉駅か二戸駅からバスで。

行き方:いわて銀河鉄道「金田一温泉駅」または「二戸駅」から路線バス。
または、八戸からバスで。
車があればそれが一番便利かな。

紅葉の季節は道中の山々が色付いていて、とても美しいですよ、是非に。

このエントリーをはてなブックマークに追加