前略、いっておいでよ

夏の鎌倉(散歩編)

by shojiro.nkym

遅い夏休み、一人で鎌倉へ。
鎌倉では「海辺を散歩したい」と思い、靴は歩きやすさ重視でTevaのサンダル。これで砂にまみれても、海に入りたくなっても大丈夫!とってもeasyモード。
昼間の鎌倉散歩だけでなく、早朝、夕暮れ時、それぞれの鎌倉の海辺を満喫できた旅でした。

由比ヶ浜をぶらぶらする。

出張の多い生活に輪をかけて旅にも良く出るもんだから、だんだん分かって来た事があるのですが、旅先での早朝の散歩ほど清々しい気持ちになれる過ごし方はない、という事。

この日も日の出を見ようと、AM5時に起床。
軽くシャワーを浴びていたら、もう日が上がり始めているのに気づき、焦りつつ、濡れた髪が少し乾ききっていないまま慌ててホテルを飛び出し浜へと向かいます…
夏場は日が昇るのが早く、宿泊でなければ日が昇る時間には到底辿り着けないので、日の出の鎌倉は私にとってはとても貴重な一瞬。
上手くいけば朝焼けに染まった美しい景色に出会えるのと、日が昇ったすぐ後の空の色は透明度の高い青い色である事が多く、その色をどうしてもカメラに収めたかったので、嫌でも歩調は急いていました。

浜へは宿泊していたホテル(aiaoiさん)から徒歩で3分ほど。
なんとか日も上がったばかりのギリギリのタイミングに到着すると、空は前日の台風による雨のせいで雲はとても分厚く、海の上には滞留した水分が靄のように覆いかぶさっていましたが、そこに光が差して幻想的な景色に出会うことができました。

鎌倉のヘルシーな空気感の訳を知る

鎌倉に来てからというもの、「鎌倉の人って、とてもハツラツとしていて、ヘルシーな雰囲気だよなぁ」と感じていました。その訳は平日2泊3日の滞在、朝から晩まで過ごしてみて気づきます。

この街に住む人たちは「超朝型生活」なのかもしれない。

確かに、サーフィンをしたくて移住した、という話をよく聞くので、体を動かす事が好きで健康的な雰囲気の人が多いのかな?とは思っていましたが、それを「早朝」に楽しんで、そこから仕事へ行っている様子。私が浜へ到着した日の出時刻のAM5時30分ごろ、すでに多くのサーファーが波に乗っており、しばらくしたAM6時ごろには引き上げていく人も多数。私の日常を考えると、とても怠惰な毎日で恥ずかしくなります…

朝の眩しい光が波打ち際に反射して、黄金色に輝く世界

さて、朝からアクティブなサーファーたちを横目に、私は旅の事前に調べていた気になるカフェへと向かいました。

ここ最近、旅先の早朝から営業しているお店を探してモーニングをするのが私の旅の楽しみ方なのですが、鎌倉では、サーファーが早朝から集う海辺周辺のカフェはもちろんの事、少し街の方へ入った場所のごはん屋さんも早朝営業が多いようです。

由比ヶ浜に面したHOA CAFEはもっちりしたドーナッツが美味しい。ドリンクとセットのモーニングは500円、テラス席もあり犬連れのお客さんの姿も。

この日は材木座の「HOA CAFE」で海を見ながらコーヒーを、と思い開店時間の7時を目指して向かいましたが、私が一番にお店へ入ったものの、その後途切れることなく近所に住んでいる風のお客さんが続々と入店。若い人だけでなく、ご年配のおばあさまとそのお嫁さん?の様子な常連さんの二人組が朝ごはんを食べに来たり。
朝から海の見えるカフェで朝ごはんをゆっくりと摂るだなんて、なんて贅沢なんだろう。羨ましいなぁ。

海を眺めながら、少し読書をし、コーヒーを少しずつ飲み、もっちり感がたまらないドーナッツをあっという間に平らげました。

どこに行っても出会うのは…

さて、日も高くなってきて、日差しの厳しさに肌が焦げそうな予感しかしませんでしたが、ホテルに戻るためにまた浜へと出てぶらぶらと歩き出します。すっかり明るい由比ヶ浜の砂浜をミシミシ、ザクザク歩いていると、どこへ行っても出会う「かわいい子」を発見。

お昼寝ならぬ、朝寝坊猫?笑
気持ちよさそうに寝ている姿にコソコソとシャッターを切っていると、気付かれたようで、起こしてしまいました。ごめんなさい。しかし逃げない。堂々たるまどろみっぷり。
こんな浜辺で生活しているなんて、猫でさえも羨ましい。いいなぁ。

「まさか、安倍首相がリオで持って登場したあの赤いアレなのでは?!」 と、浜で見つけて一人で爆笑…

そこからグイグイと気温と日差しの痛さも急上昇。前日の雨模様が嘘のように清々しく晴れ渡った鎌倉の海を横目に、私もお昼ご飯前の贅沢な昼寝をするために、せっせとホテルへ戻ったのでした。

朝の空気も光も澄んでいて、その街の一番ピュアな景色を見せてくれる気がするので、旅先の早朝散歩がやめられません。
夏の鎌倉へ行くのなら、宿泊し最高に気持ち良い朝の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。
是非、早朝の浜辺散歩をお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加